エンジニアの研修にはどんなものがあるかまとめました

エンジニアの研修もは技術力に関するもの、人間力に関するもの、キャリアアップに関するものその他各種の内容に分かれています。入社してから1人前のプロフェッショナルとして将来像を描き、キャリアアップして行くにはすべての技術者に対して共通するテーマをかかげ会社が主導する分野のものと、個々にそのスキルを磨く内容やグループによる自己啓発型の内容のものが行われています。入社時には新入社員に対するものがありこの中には顧客を満足させることや市場価値の向上を目指してその考え方を知ることが急務になります。そしてものづくりとは何か、なぜあるいはどのように取り組むのかを学び、その姿勢やキャリアアップの意識を育てるようにします。 3年目の自分の姿をイメージすることで目標設定の必要性を知り、ビジネスマナーの徹底や必要とするスキルを身に付けます。そして入社2年目とか3年目とかの人を対象としたものも含まれます。

研修内容はどういうものであるのか

エンジニアの研修内容についてはまず自己啓発型のものは施策としては技術認定試験という方法があります。ここでは資格取得の奨励金が出されたりe-ラーニングで通信指導を受けることが出来、勉強会やグループで行われることもあります。会社主導によるものには新卒や未経験者を対象に導入指導が行われたりリーダーシップを養ったりフォローアップやステップアップの形で指導が行われます。独自のニーズに対しては担当業務に必要な専門技術や製品知識、設計や開発ツールのトレーニングが行われ、業務についたときに速やかにこれに対応できるようになります。各専門分野で比較的に大きな市場を形成しているテーマについて全国的な規模で行われる内容のものもあります。例えば機械系であれば設計製図講座やソフトウェアの習得があります。

新入社員向けのものに関しての内容

エンジニア研修で新入社員向けのものとしてはビジネススキルと技術や技能に関するスキルに分けられることがあります。その場合にはビジネス面ではフォローアップの指導が行われます。内容は基本マナーやビジネスマンに対する気配りに関するものです。そしてモチベーションの維持についても学んだり時間管理やコーチングについても学びます。仕事のすすめ方に関してはホウレンソウや敬語の使い方、電話応対も含まれます。技術・技能については基礎知識を習得し応用に至るまで何百というコースの中から受講することが出来ます。そして悩みを共有したりアドバイスを受けることも出来ます。製品の見本市に参加したり現在の状況とか最新市場や他社の動向を知ることも必要であり特に市場に触れることは大切になります。

研修費用が無料だけでなく、交通費も支給いたします。 資格取得だけを目的とした研修ではなく、徹底的に実務で役立つ内容が集約されています。 エンジニアの基礎を一から学びたい経験者の方でも受講が可能となっております。当社のITトレーニングセンターでは年間100名をエンジニアに転身している実績があります。 未経験者が0からサーバエンジニア、ネットワークエンジニアになれる研修となっております。 研修でエンジニアへ転身しよう。