エンジニアの研修の費用はどれ位かまとめました

仕事をする際には、初めて入社して関わる業種や転職などで他業種や同業種の仕事をするなど、行うことは様々になります。転職などで同種の仕事に就く場合は知識や経験などがあるため、会社のルールとかが違えど行うことにはそれほど大きな違いはありません。しかし、初めて行う業種の場合には、知識や経験がないため何もできないことがあります。それが専門職であり、エンジニアなどの職業が挙げることができます。工学系の専門的な技術や知識が必要になるため、就職することができても、すぐにきちんとした作業ができるわけではありません。そのため初めて働く場合などは、基礎的なことなどを学ぶために研修を受けることが必要になりますが、そのためには費用が掛かっていることを知っておかなければいけません。

社内で行うのか外部委託するのかで違います

新入社員や既存の社員でも定期的に行ったりする研修ですが、会社側の人間が説明するものや専門の業者に依頼して行ってもらうものがあります。社内で行うものは、担当の部署などがありその部の人間が行うことになります。内容的には新入社員などに行う説明などが主になり、社内のルールや就業規則などになります。しかし、エンジニアにとって必要なのは基本的な社内のルールも重要なものですが、現場に出てすぐに仕事ができる技術者としての、知識や技術が必要になります。社内の人間が教えるにはできる時間が限られているので、外部の業者に依頼することも選択肢になります。外部委託であると、教えることに特化した講師などが説明などをしてくれるので、わかりやすく学んでいくことが可能になります。

社内と外部委託による費用はどれくらいか

社内でエンジニアの研修をすることは、会社の人間が行うため余計な費用は掛かりません。しかし、説明などを行うための人員を確保することが必要になるため、その部署の仕事が大変になったりすることもあり、場合によっては費用が発生することもあります。また、会社に会議室などの大きな部屋がないと、どこかの会議室などを借りることにもなったり、そのための機材などを用意することもあるので、安く抑えられないこともあります。外部委託する場合には、様々な料金体系があります。一社で一か月5万円ほどであったり費用は依頼する場所によって変わってきます。しかし、それ以外にも費用が発生したりするため、エンジニアの研修をする場合には費用に見合った人材が育ってくれるもとも重要なことになります。